あちこちでVisual Studio Codeの動作動画をみてかなり速そうな予感がしたので早速Macにインストールしてみた。

前提

以下がインストールされていること

  • home-brew
  • home-brew-cask

Visual Studo Codeがbrew-caskでインストールできるか検索

まずは、 http://caskroom.io/search で検索、

visual-studio-codeという名前で登録されており、

$ brew cask install visual-studio-code

でインストールが可能そう。

インストール

$ brew cask install visual-studio-code

を実行、でもエラーが出てしまったので、brew-caskをupdateしてみる。

$ brew cask update

updateが完了したら

$ brew cask install visual-studio-code

コマンドを再度実行。

・・・うーん、インストールOKッ!!!

alfredで vi まで打ち込むと Visual Studio Code が候補に表示され起動可能!

使ってみる

ちょろっと使ってみましたが、Vimプラグイン的なものが無いようなのでひとまず常用は諦め。 → とはいえ、ゴニョゴニョすると使えるようになるようだが、特に急いで使いたい理由もないので特にそこまでは追い込まず。。。

Electron(旧 atom-shell)ベースらしいけど、もっさりした感じも少なく、非常に動作は軽快。